軟骨とグルコサミン

軟骨は関節の表面などを覆っていて、滑らかで弾力のあるものです。滑らかな軟骨であれば関節が良く滑りますので、摩擦や衝撃などを吸収してくれて痛みを感じることもありません。しかし、軟骨が減って行ってしまうと、摩擦も大きくなって痛みを感じることになりますので、常に軟骨が十分な働きをするようにしておくことが大切ですが、年齢と共に次第に軟骨が減って行く傾向にあります。これは、軟骨の材料ともなるグルコサミンを合成する能力が、加齢によって衰えてしまうのが原因とされています。40歳になると、20歳の時点の軟骨の量よりも、半分になってしまうとも言われています。そのため、ある程度の年齢に達した人は、軟骨の材料となるグルコサミンを、十分に摂取する必要が出てくるのです。
グルコサミンが含まれている食材はいくつかありますが、食事だけでは必要な量のグルコサミンを摂取することが難しいので、グルコサミンが含まれているサプリメントなどを利用するのは有効となっています。サプリメントは、カニや海老などの殻を利用して作られることが多いのですが、そのようなものを材料としていても飲みやすいように加工されていますので、手軽に服用出来るようになっています。